★ 掲示板:茶会(Chachaiの掲示板) ★ 5329

メインサイトChachaiであまり扱わない社会的な話や確定的ではない具体的興味などを話し合っていただくために用意しました。 政治論議もOKです。

Chachaiのいろいろ  Chachaiの工作室  エーテル磁界 陰陽 相似など by Chachai


フリーエネルギーで広がる世界

1:ガバチョ :

2013/06/18 (Tue) 12:55:35

CHACHAIさんお邪魔します。折角なのでスレッド立ててみました。

フリーエネルギーで見える未来をここで語らせてください。

1、もし、電気代がただになったら・・・・。
  極端ですが電気代がタダなったらどうなるでしょうか?
 --良-- 
  日々の生活において言えば支払がなくなるわけですから
  エアコン使い放題。テレビ見放題。電気ストーブガンガン。
  車はすべて電気自動車、燃料費無し、充電の時間浪費だけ。
  家電製品を始め、産業製品とか製品にかかるコストが
  電気代分がないために安価になる。電車もタダ同然。
  発電のための化石燃料の輸入停止で海外からは何を買いましょうか。
  
22:Chachai :

2013/07/19 (Fri) 09:28:23

フリーエネルギー今後の展望
ありとあらゆるものが一気にフリーエネルギー化に向かうということはないような気がする
そうしたものの研究から生まれる既存構造にプラスされる改善が積もり積もってゼロエネルギー駆動を可能にするような気がする
まずは驚くほど回転効率がアップする現在の手法を使って経済革命を起こす土台をつくるのだ。
どうもそれがベターな気がする。
実際に経費が大幅に削減できる状態を多くの人に体感してもらうのだ。


21:Chachai :

2013/07/04 (Thu) 01:38:29

現実に陰陽三元磁界を施した車の性能は目を見張るほどの進歩だ
数値に現れる燃費の他、高い安定性が顕れてくる。疲労しない運転が可能なのだ。
20:Chachai :

2013/07/04 (Thu) 01:34:19

クレジットカードなどで貯まるポイントは購入商品の大体1%だ。これで1兆円以上あるらしいが
高効率誘導磁石組のそれは消費エネルギーの数十パーセント、さらに観察されていないプラス面がある。
磁石ではないが陰陽三元回路には迷走電流の中和プラスイヤシロチ効果をも生む可能性があるのだ。
迷走電流の中和作用とは物理的には腐食しにくい効果が生まれる。人体的にもとても有益だ。
これは空間の電位を挙げる作用になる、居住空間の電位を上げると精神的にも落ち着いた空間が形成される。
相似的に病気も減る、物が傷まない、機械の故障率が減るという効果が期待できる。
19:Chachai :

2013/07/02 (Tue) 20:39:20

素人でもある程度の段階までは出来たんだ。
金とってやってる回転体扱い業者にできないはずがない!
フリーエネルギー装置は無理でも今の機械類を燃費アップさせるのは業者としての義務だ。
18:はる :

2013/06/30 (Sun) 19:39:05

お邪魔します。
本日たまたま見かけたテレビ番組で、新しい木材の加工方法について知りました。

以下、ネット詳細情報の引用です↓

『木材を自由に加工し“素材革命”を!…産業技術総合研究所・金山公三(58歳)

日用品や工業製品などの原材料となる石油や金属。しかしそれらは、限りある資源・・。
この枯渇する資源に代わりうるのが―、植えれば育つ木材!?

マツやスギ、タケなど、あらゆる木材を、プラスチックのように自在に変形できるという
常識を覆す技術を開発したのが、産業技術総合研究所の金山公三、58歳。

金山の『流動成形』技術があれば、衝撃に強く、難燃性も断熱性もある製品が
生まれるという。将来、テレビの外枠や車のボディーなど、これまで、プラスチックや
アルミが使われていた部分が、木材に変わるかもしれない。まさに“素材革命”だ!

もともと、金属加工の研究をしていた金山。だが、金属資源の限界を、肌で感じる・・。
『先々役に立つ、新しい原材料はないのか―」金山は、あらゆる研究の中から
“木材”に目をつけた。熱を加えたり、圧縮したりと試行錯誤を繰り返す。

しかし、「木材なんて・・」と周囲からは冷ややかな反応。それでも、木の「細胞」まで
調べ尽くしたとき、ある発見をする。それは、『細胞同士がすべる』という現象―

『資源は、地中深くにあるだけではなく、人間の頭の中にこそある』
この言葉を原動力に、「木材研究」という階段をひとつひとつ上ってきた金山。
自らの技術を社会に役立てるため、実用化に向けた共同実験にのぞむ。
それは、窓枠のサッシに使われているアルミを、木材に代えるというもの。
細く、長く、強く・・流動成形した金山の木材は、建材としても認められるのか― 』

Chachaiさんの研究をはじめ、知らずにいた有用な技術を知るだけでも、新しい世界への第一歩を踏み出していることになるんじゃないかな~と信じています。
17:ガバチョ :

2013/06/28 (Fri) 21:18:48

実はひょんなことからフリーメーソンに関する新たな考察が生まれました。
こちらの板に書かれているように自分もどこをどう突き詰めて考えても最後には
現実の壁、資金というものにあたります。どんなにいいこと考えていたも、また、
どんなに人のためになることであっても実際問題は資金=いわゆるおカネが問題となります。


昨日、この問題がはっきりとケリが付きました。

ぼくにとってはCHACHAIさんのブログのサブタイトル

   「ふたをしていた霊性」

ここの「ふた」になっていたものがおカネでした。

もう20年近くになりますが学生時代に海外に旅行に行った際、
一ドル札の裏の紋章が気になりました。
「何でこんな紋章なんだろう???」と。

裏判ってご存知でしょうか?
よく手形などの証券に押します。
その意味はその押した人ガその額面にいたして責任をもつということになっているお約束です。

一国の通貨、それも基本単位の1ドルに裏判を押せるということは、
いや、一国ではありませんでした。世界の基軸通貨です。
それに裏判を押している団体です。
その通貨を使用する人口からみればほんのひとにぎりの団体です。
その方々が約束としての意味の裏判を押しているんです、それはそれは
絶大な力、権力、すべてを握っている人たちだと知ることができます。
それは巷で話になっている影の人たち、陰謀論などなどいろいろ話しに出ています。
実際僕も昨日までそう思っておりました。


が、いまは違います。
そのフタが外れました。

とても、とても気分がいいです。
うつ的状況からはっきりと乗り越えたことを実感しております。


これで終わりではありません。ただ現実を知っただけの話です。
その上での、これからの意識が非常に大切だと恩師は言っておりました。

行きましょう、次へ。



きっと皆さんは気が付いているのに気が付いてないように捻じ曲げられているんです。

なので捻じ曲げている側の方のアクセスが多いのではないでしょうか?
フリーエネルギーなる物が本当にあったら困ってしまいます。
本当にあったらです。

だから気になっているんですよきっと。ホントにあったら怖い話ですから。


LET IT BE
ビートルズの名曲です。



16:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 12:42:14

黙殺・・・
こうして、いろいろ発表して、数多くのアクセスが集まるが、予測通り黙殺の世界だ。
黙殺することに慣らされている悲しい日本の国民性が垣間見える
なんとか研究を継続したい。
15:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 12:30:25

新技術を利用して仮に何らかの陰謀があるとしたら、それを防ぐには権利を放棄して自由につかわせることだ。
独占による支配は幾分かは軽減するはずだ。棚ボタはないといったが、できるだけ多くの人が新しい技術の恩恵を簡単に得られるに越したことはないのだ。
14:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 12:26:22

そういった変てこな輩にフリーメーソンの観察眼がそそがれ抑制されるのであるなら、危機感は抱かない。
しかし、その逆で利益誘導のために産学メーソンが一体となって政治を操ろうとしたら・・・
考えたくないが、そうした不安もよぎる。
13:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 12:22:34

おそらく日本の原子力開発機関は原子力産業の将来につて見切りをつけている。
つまり鞍替えを考えている。政治を利用して自分たちの後始末を何とかしようとしているのだ。
そのために産学共同でなにやら進めている節がある、そのように感ずるのは自分だけだろうか?
時代の風潮から研究室の教授は原子力を研究してもノーベル賞にはほど遠い、認められてナンボの研究だからだ。
企業は売れてナンボ波長があっているのである。
12:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 12:13:57

こうしたことをやっているとどうしてもフリーメーソンという話題に触れざるを得なくなる
イルミナティーと呼ばれる秘密組織だが何世紀にもわたって特定の領域の人に影響力を与えている。
これは、個人や組織というより意識体というものを感じさせる。
我々の上に彼らが君臨してはたして何が得になるのだろう。働かずして人生を享受できる特権を指すものなのだろうか?
フリーメーソンのマークはアメリカの1ドル札にあるピラミッドの上にある目が代表的なもので全世界の紙幣の発行に関与している。
日本の千円札もよく見ると富士山の上に野口英世の左目が9合目あたりに映るように図案化されている。
それで水面に映る富士山をよくみると明らかに富士山ではない。
これはアララト山といって、トルコ共和国の東端にある標高5,137mの山を指しているノアの箱舟が漂着したと伝えられるユダヤ教の聖地だ。
小アララト山、大アララト山の2峰があっていずれも富士山そっくりの山だ。おそらく千円札の図案は上も下も富士山ではなくアララト山を指すものだろう。
フリーメーソンの図案は彼らの合図にも表れていて人差し指と小指を立てる、狐の影を作るときの指組ににている。
これを五行で解釈すると人差し指は木気、目を表す。小指は水気、山を表している。
数十年前「フリーメーソンの陰謀」という本を読んで、そんなこともあるのかー くらいに考えていたが、こうした身近な日本の紙幣にも
彼らの影響力が見え始めると、誰しも他人事ではなくなる。

11:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 11:47:49

いろんな国の個々の人はいい人が多いのになぜかイデオロギーというものは対立の温床になっている
排除すべきは、そうしたけったいなイデオロギーだ
10:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 11:40:18

イスラエルで開発が進歩している点滴農法というのがありますが、これが不毛地帯と呼ばれるところに普及すると
人口増加による食糧危機は回避されるのでは、かの国は点滴農法で食料をヨーロッパに輸出している大農業国なのです。
9:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 11:34:29

フリーエネルギーが実現しても全てがタダになるというわけではないと考えます。
燃料費がタダになるというわけで機器自体は作成経費がかかるのですから。
しかし製造に要する資源は簡単に得られる珪素や鉄が主体になり資源の悩みからは解放されるということではないかと思う
8:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 11:29:34

棚ボタ式にフリーエネルギーを享受できる世界はなかなかやってこないだろう。
実践しなければ、宝はここにあるのに・・・・
7:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 08:53:44

誰に何を言われようとも、特殊磁界は明らかに回転の延長をもたらす
一度や二度の実験で成果が出ないといって変てこなレッテルを貼ってしまう輩がうようよ
先駆者はつらいもんだ
6:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 06:19:53

ホイールに磁石をつけて回すとコイルを取り付けた場合、凄い電圧を発生するわけなのですが
ただ貼り付けただけの状態の時のエネルギーはどうなっているんだろう。
このあたりの考察もさらに効果アップを産むに違いない。
5:Chachai :

2013/06/27 (Thu) 06:15:56

Kuohohohoho
もしかして、狂ったように燃費アップ、ただいま走行実験中、でも燃料があまりにも減るのが少ないので
ガソリンスタンドに行く間隔が広がって、詳しいデータを発表できない。
4:ガバチョ :

2013/06/25 (Tue) 19:25:39

車の燃費にしろ、家庭用の発電機にしろ、ありとあらゆるものが変わるパワーを持っています、
フリーエネルギーには。それを良しとする世の中になるための準備か必要不可欠。
なんたって考えようによったらお金をうむマシーンになるわけですから。
3:紅実子 :

2013/06/23 (Sun) 17:08:21

本日アマゾンで購入した電池が届いたので、何とかやってみます!! エアコンにつけようかな。
2:Chachai :

2013/06/19 (Wed) 19:53:51

エアコンはフリエネ家庭マシンになる可能性が大ですね。暑くても寒くても稼働することになるのではないでしょうか。
それともう一つ自然電池、意外とこれの方が実現性が高いかもしれない。
さらに副産物効果としてイヤシロチ効果が生まれるかと、周りの草木の成長が著しくなるので、随分違った環境に変わるのではないでしょうか。
機械もんですから故障とかもあるだろうし貨幣経済がなくなるとは思えませんが、想像もつきませんね。
高電圧変換の充電技術もすでにあるようなので充電にかかる時間浪費もかなり短くなります。

現時点で自動車がすべて電気自動車になった試算があるようなのですが、5%の減少と低く見られているようです。
ところが、現在の発電所も含め回転体の効率アップができたなら、驚くほど少ない石油消費量になります。
地道に高効率誘導磁石組の運動も行ってゆこうかと思っています。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.